Photo Credit : okkaaa, Yo Ishigaki

明晰夢

"愛というものが同時に不幸の源にならなくてはいけなかっただろうか。穏やかに流れる自然の響きを感じてぼくはあたたかい溢れるばかりの感情を抱いた。ぼくはぼく自身の内部の井戸に引き下がりこの感情の中に身を浸し、周囲の世界がスローになるまで思いなしたのだが、現在ではこの感情がどこまでもぼくにつきまとう亡霊となり、耐えがたい拷問者となる。"